佐賀市の工芸品

佐賀錦

金、銀、漆を貼った和紙を経糸(たていと)、絹を染色したものを緯糸(よこいと)として丹念に織り上げた工芸品。すべてが手織りで行われる非常に根気のいる手仕事で、1日わずかしか織り進むことができません。素朴であたたかい中にも絢爛豪華で気品のある美しさがあり、日本の美術工芸品の白眉と称されています。

 

佐賀錦の作品は「佐賀市歴史民俗館」の旧福田家で展示販売されており、その制作風景の見学や、手織り体験もできます。

 

佐賀錦振興協議会

佐賀市松原四丁目3番15号 佐賀市歴史民俗館 旧福田家内 TEL:0952-22-4477

URL:http://www.saga-cci.or.jp/company/nishiki/

手織り佐賀錦体験⇒ https://www.sagabai.com/main/286.html

鍋島緞通

約340年前、古賀清右衛門が中国から緞通(だんつう)の技術を習得して織ったのが、日本最古の錦緞通といわれる鍋島緞通です。その製品は精巧で雅趣に富んでいたことから、当時の佐賀藩はその生産を奨励し、御用品として一般への販売を禁じましたが、明治以降その金が解かれ、世間に流通するようになりました。
 

 株式会社鍋島緞通吉島家

佐賀市赤松町1-28 TEL:0952-24-0778

 URL:http://www.nabeshimadantsu.jp/

肥前名尾和紙

300年の歴史を持つ名尾和紙は佐賀県重要無形文化財。今では継承する工房はただ一つ。一般的な「こうぞ」の原種である「梶」を使った手漉き和紙は丈夫で、博多どんたくや山笠等の提灯にも使われており、照明を通すと何とも言えない温かい空間を作ります。工房は静かな山里にあり、築200年の自宅を改装したギャラリーも楽しめます。

  

肥前名尾和紙

佐賀市大和町名尾4754 TEL:0952-63-0334

URL:http://www.naowashi.com/

継承された技と心『名尾和紙』伝統紙漉きと和紙の小物作り体験⇒ https://www.sagabai.com/main/281.html

肥前びーどろ

その起源は、幕末佐賀藩の理化学研究所「精錬方」で研究に使われていたガラス容器に始まる。高温のガラスを空中で一気に細く伸ばす「ジャッパン吹き」と呼ばれる独自の技法は国内で唯一守り続けられている幻の技。その繊細な美しさにひととき酔いしれます。

 

肥前びーどろ 副島硝子工業株式会社

佐賀市道祖元町106 TEL:0952-24-4211

URL:http://www.hizen-vidro.co.jp/

江戸期から続く『肥前びーどろ』世界に一つだけのオリジナル製作体験⇒ https://www.sagabai.com/main/278.html

諸富家具

佐賀の家具産地「諸富」は有田焼と並び佐賀県の二大地場産業として認知されています。木の良さを活かした機能性、またデザイン性も高く、たくさんの支持を得ています。家具作りを通して豊かな生活空間を提案します。

  

諸富家具振興協同組合

佐賀市諸富町為重529-5 TEL:0952-47-5097

URL:http://morodomikagu.or.jp/

飛鳥工房

佐賀市諸富町大字徳富112-4 TEL:0952-47-5697

URL:http://asukakoubou.com/

木のぬくもりを感じながらのものづくりグッドトイ賞受賞の木の食器づくり⇒ https://www.sagabai.com/main/306.html

有限会社平田椅子製作所

佐賀市諸富町大字徳富118-2 TEL:0952-47-6534

URL: http://www.hiratachair.co.jp/

家具の産地・諸富でつくる木製椅子の作業工程見学⇒ https://www.sagabai.com/main/99.html

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.