白石原湿原

佐賀県内ベッコウトンボの最後の生息地

久保泉町南部にある白石原湿原は、佐賀県内で確認されたベッコウトンボの最後の生息地です。
ベッコウトンボは、「絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律」により国内希少野生動植物に指定され、環境省のレッドリストの絶滅危惧Ⅰ類に指定されている希少なトンボです。
南を兵庫クリーク公園と周辺クリーク、北を金立山等の北部山麓とため池群等で構成される北部農業エリアの中で、ショウジョウトンボやギンヤンマ等のトンボが移動できる距離(1~2km)に点在するクリークなどの施設を結んだ生態系ネットワークの中核に位置します。
そのため、たくさんのトンボなどの昆虫や鳥達が、ここを棲家とするだけでなく、えさ場や遊び場として訪れます。

所在地849-0903
佐賀市久保泉町大字下和泉
営業期間通年
定休日なし
駐車場なし
問い合わせ先佐賀市 環境部 環境政策課
TEL0952-40-7202

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.