新北神社

新北神社の秋の大祭に奉納される三重の獅子舞は、赤と緑の色鮮やかな獅子がドラ(太鼓)や笛の音にあわせて豪華な舞を繰り広げます。約600年前に越後の国から肥前の蓮池に伝わり、江戸時代、鍋島公が川副郷三重の川副代官に伝授したと伝えられ、佐賀県の重要無形文化財に指定されています。この獅子舞の大きな特徴は、二段つぎ、三段つぎという頭部の獅子使いが肩車をして舞う、曲芸的な所作にあります。
拝殿右手には、徐福が種をまいたと伝わるビャクシンの木や、樹齢1600年のクスノキなどの古木がある。

所在地840-2102
佐賀市諸富町大字為重1073番地
営業時間境内自由
営業期間通年
定休日なし
駐車場あり
問い合わせ先佐賀市諸富支所
TEL0952-47-2131

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.